変数(脱穀)

変数はプログラムにおいてすごく大事。むしろ一番大事な仕組みです。「あ、今日で地球滅んじゃう!俺にしか地球救えない!俺にしか救うことができない!でも今は変数に値を代入中だから無理  😀 」ってくらい大事。

てなわけで、当ブログ「農スク(略名)」ではしつこいくらいに変数で遊びます。もう遊びすぎてめんどくさくなって仕舞には飽きちゃって「もういいやJSかけなくてもいいや! 😛 」ってなるくらいにね!

変数とは?

さて、変数大事!大事変数!とか言っちゃってるけど結局変数ってなんなのよ!プンスカ!ってなっているそこの民!わかる。その気持ちすごくわかる。俺貴族だけどわかる。だから貴族説明しちゃう。

変数とは「数字や文字などのデータを(一時的に)記憶しておく為に、データに名前をつける仕組み」のことです。もうちょっと砕けた感じで言うと、脱穀のことです。嘘です

要するに、データに名前をつける仕組みだと思っていただいて今は差し支えないです。たとえば一回の出産で赤ちゃんを2000人生むウルトラママがいたとします。さすがにウルトラなママでも赤ちゃんに名前が無いと困っちゃう。俗に言う市役所が困っちゃうわけです。どう困るかは知らないけどまぁ困るんだと思います。そして変数の話とこの話は一切関係ございません!

実際に使ってみる

まずは簡単な感じで始めてみようね、そうね、自分の名前を「文字のデータ」として、それに my_name という名前をつけ(変数:my_name)、それを console.log で表示してみるってどうかしら。さっそくやってみるわよ

民たちの得意な Chrome の デベロッパーツール(農家でいう耕運機みたいなもん)を立ち上げ、Console タブを選択し、以下のコードを打ってみよう。(今回は2行あるよ!改行は Shift を押しながら enter [return] を押そう!)

var my_name;
my_name = "田吾作";
console.log(my_name);

myname

さいごに enter [return] を押すと、地獄の闇色で「田吾作」と表示されたと思います!すごい!できたね!できない民はもしかしたら;(セミコロン)を打ってないかもしれない。セミコロンは日本語で言う文末を意味するモノで文の最後に必要なものと思っておいてくださいな

var ってなんだよ var って

プログラムが動いて嬉しい反面、いきなり var とか出てきて死にたいとか思ったでしょ?わかる。わかるけどこのブログが原因で死なれちゃったら困る。田吾作困っちゃう。とわいっても恐れる事は無いよ。var は下唇を噛む感じで ヴァー♩とか言ってりゃいい。

この var は キーワードと呼ばれるものに分類されているけど、まーそこらへんの面倒な話来世にでもするとして、要するに「俺今から変数を定義する!俺変数作る!」と声高らかに宣言しているだけなのです。

つーことで変数は「var 変数名;」という構文で作るという事を覚えておいてください。繰り返すけど変数を 作る時にだけ var が必要だって思っておけばまぁ82点くらいは差し上げます。

=(イコール)?ん??

2行目には農民たちが良く知っている=(イコール)が思ってもいないカタチで出てきて、死にたいとか思ったでしょ?わかる。貴族分かる。分かるけどこのブログが原因で死なれちゃったら困る。貴族田吾作困っちゃう。とは言っても恐れる事は無いよ。

たしかに、農民たちは寺子屋で=(イコール)は「等価とか等号」とかって学んでいるはずで「右辺と左辺が等しい」という風に考えたはず。でもプログラムの世界で=(イコール)は「右辺の値を左辺に代入する」ことを表す「代入演算子」として分類されているんだね。やーいひっかかってやんの。

なので 「A = B」 は 「B を A に代入」するという事になるんだ。もうこれはこの村のオキテなのでオキテに従って、せっせと野良仕事をこなしていってください。

名前を “”(ダブルクォーテーション)で囲っている

文字(文字列)は “”(ダブルクォーテーション)で囲うのがこの村のオキテです。オキテを破ったコードがこれ。

var my_name;
my_name = 田吾作;

error

まぁこんな感じで、地獄の血しぶき色の文字で怒られます。ですのでオキテは守りましょう。

宿題

ちょっとのオキテはありましたが、これで変数のいっちばん簡単な使い方は覚える事が出来たのではないでしょうか?ということで、変数名はお任せするので自分の名前以外にもお友達のお名前も入れて表示してみましょう。

リア充ならば30人、非リアなら2人を目安にやってみてください。これがどうしても分からないって言う方は、大宇宙のチカラをかりて解決するのもアリっちゃアリ。なので困ったらご連絡ください。大宇宙もとい大宇宙教のすばらしさを余す事無くお伝えします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>