月別アーカイブ: 2014年12月

算術演算子とは?

算術演算子とは「計算をするための記号」で、田んぼの広さを測ったり、お米を売るときによく使います。いや使いません。使う風。かな

「算術演算子」って、格好良さげでちょっと調子こいてる風の名前をしていますが、中学一年生でもわかる程度のもので、主だったもので言えば次のものがあります。

  • 「+(足し算)」
  • 「-(引き算)」
  • 「*(掛け算)」
  • 「/(割り算)」

所謂「四則計算」ってやつ。
試しに民たちの得意な Chrome の デベロッパーツール(農家でいう田植え機みたいなもん)を立ち上げ、Console タブを選択し、以下のコードを打ってみよう。

b21925d9003acb6e3e7179020cda604a

3+5 を入力し、エンターキーを押せば、田植え機側で結果をはじき出してくれる。まーここまでは楽勝で理解できるべ

 

符号反転 ( – )

符号反転は、中学一年生くらいでやった「マイナス」が絡んだりするアレ。この演算子を使うと、「符号が反転する」。

eacb1771d41fecc8017c7abc92f515fe

-x; の行を x = -x; にしてしまえば、x の値もきちんと反転してくれる。

 

インクリメント演算子 ( ++ )

インクリメント(increment)とは、「増加、増進」という意味の英単語で、この演算子は対象の値に 1 を加えるよ。ちなみにインクリメント演算子は x を対象とした場合、「++x(前置)」と「x++(後置)」の二つがある。

前置とは対象に 1 を加えた後にその値を返します。後置とは対象に 1 を加える前にその値を返します

たとえば、前置では、 が 3 のとき、++xx に 4 をセットして 4 を返します。後置の場合、x が 3 のとき、x++ は 3 を返して x に 4 をセットします。

ff21e9ae648d8516b9354adf8da7de96

「こんなのいつ使うの?」って思ったそこの農民!まぁいいや。いつか使うよ。いつか。

 

デクリメント演算子 ( — )

デクリメント(decrement)とは、「減少」という意味の英単語で、この演算子は対象の値に 1 を除くよ。ちなみにデクリメント演算子は x を対象とした場合インクリメント演算子と同様、「–x(前置)」と「x–(後置)」の二つがある。

こちらの働きもご想像のとおり。

bd47da9e97e8d05961d2c856e3d8f67a

「こんなのいつ使うの?」って思ったそこの農民!おい農民!まぁいいや。あんまり使わないしなこれ。使わないまま死んでいった人も億単位でいるし。

 

剰余演算子 ( % )

剰余(じょうよ)演算子とは、「割り算の答えではなく『余り』を求める演算子」。たとえば、3 ÷ 2 の余りは 1 。4 ÷ 2 の余りは 0 といった感じに余りが求められる。

6d1cf61af2c1e50c1aaff2dbbe618ec1

この演算子は、よく「偶数か奇数かを判断したい」といった場面で多様されるよ。割る数を 2 で固定し、割られる数が整数であることが保障されている場合、必ず答えは 1 か 0 になる。回答が 1 の場合は奇数、0 の場合は偶数といったような使い方だね

 

以上。算術演算子でした。とくに インクリメント演算子(++)は、使う場面が必ず訪れるのでここで理解しちゃおうな