作成者別アーカイブ: chrowa3

文字列結合演算子

文字列結合演算子とは、「文字列同士」を「つなげる」演算子です。文字列の結合には+(プラス)の記号を使います。

var Moji = "Hello" + "World";
console.log(Moji);

// 結果 -> HelloWorld

 

当然変数に入った文字列同士の結合もできるよ

var h = "Hello";
var w = "World";
var hw = h + w;
console.log(hw);

// 結果 -> HelloWorld

 

数値から文字列への変換

数値データに対し、空文字を結合すると数値は文字列に変換されるよ。(typeof は演算子のひとつで対象のデータ型を文字列で返却するよ)

var Num = 100;
var Result = Num + "";
console.log(typeof Result);
// 結果 -> string

 

今回はここまで!楽勝だったね!

算術演算子とは?

算術演算子とは「計算をするための記号」で、田んぼの広さを測ったり、お米を売るときによく使います。いや使いません。使う風。かな

「算術演算子」って、格好良さげでちょっと調子こいてる風の名前をしていますが、中学一年生でもわかる程度のもので、主だったもので言えば次のものがあります。

  • 「+(足し算)」
  • 「-(引き算)」
  • 「*(掛け算)」
  • 「/(割り算)」

所謂「四則計算」ってやつ。
試しに民たちの得意な Chrome の デベロッパーツール(農家でいう田植え機みたいなもん)を立ち上げ、Console タブを選択し、以下のコードを打ってみよう。

b21925d9003acb6e3e7179020cda604a

3+5 を入力し、エンターキーを押せば、田植え機側で結果をはじき出してくれる。まーここまでは楽勝で理解できるべ

 

符号反転 ( – )

符号反転は、中学一年生くらいでやった「マイナス」が絡んだりするアレ。この演算子を使うと、「符号が反転する」。

eacb1771d41fecc8017c7abc92f515fe

-x; の行を x = -x; にしてしまえば、x の値もきちんと反転してくれる。

 

インクリメント演算子 ( ++ )

インクリメント(increment)とは、「増加、増進」という意味の英単語で、この演算子は対象の値に 1 を加えるよ。ちなみにインクリメント演算子は x を対象とした場合、「++x(前置)」と「x++(後置)」の二つがある。

前置とは対象に 1 を加えた後にその値を返します。後置とは対象に 1 を加える前にその値を返します

たとえば、前置では、 が 3 のとき、++xx に 4 をセットして 4 を返します。後置の場合、x が 3 のとき、x++ は 3 を返して x に 4 をセットします。

ff21e9ae648d8516b9354adf8da7de96

「こんなのいつ使うの?」って思ったそこの農民!まぁいいや。いつか使うよ。いつか。

 

デクリメント演算子 ( — )

デクリメント(decrement)とは、「減少」という意味の英単語で、この演算子は対象の値に 1 を除くよ。ちなみにデクリメント演算子は x を対象とした場合インクリメント演算子と同様、「–x(前置)」と「x–(後置)」の二つがある。

こちらの働きもご想像のとおり。

bd47da9e97e8d05961d2c856e3d8f67a

「こんなのいつ使うの?」って思ったそこの農民!おい農民!まぁいいや。あんまり使わないしなこれ。使わないまま死んでいった人も億単位でいるし。

 

剰余演算子 ( % )

剰余(じょうよ)演算子とは、「割り算の答えではなく『余り』を求める演算子」。たとえば、3 ÷ 2 の余りは 1 。4 ÷ 2 の余りは 0 といった感じに余りが求められる。

6d1cf61af2c1e50c1aaff2dbbe618ec1

この演算子は、よく「偶数か奇数かを判断したい」といった場面で多様されるよ。割る数を 2 で固定し、割られる数が整数であることが保障されている場合、必ず答えは 1 か 0 になる。回答が 1 の場合は奇数、0 の場合は偶数といったような使い方だね

 

以上。算術演算子でした。とくに インクリメント演算子(++)は、使う場面が必ず訪れるのでここで理解しちゃおうな

演算子とは

演算子って聞くと泣きゲロを吐いてしまう民。民だからそれは仕方が無いとしても、そろそろ演算子と向きあおう。演算子なんて農家の言葉で言えば肥料飼料じゃなくて肥料

operator

そもそも演算って何かって話なんだけど、言っちゃえば「計算」。計算とは「式やなんらかの条件に従い数値などの結果を引き出すこと」。演算子とは「計算をするための記号」だよ。終電時間を確認の上で酔いっぷりをコントロールすることでは無いのであしからず。

演算子の種類

演算子にはいくつかの種類があるよ。農スクではさしあたり「よく使う」以下の演算子について説明するよ。(以下の項目でも更に抜粋するよ)

  • 算術演算子
  • 文字列結合演算子
  • 代入演算子
  • 論理演算子
  • 比較演算子
  • メンバ演算子
  • 特殊演算子
  • typeof 演算子
  • 関数呼び出し演算子

これらの項目から「演算子」という言葉をとってみると「あ、泣きゲロ吐かないで済むかも」って思えない?

  • 算術
  • 文字列結合
  • 代入
  • 論理
  • 比較
  • メンバ
  • 特殊
  • typeof
  • 関数呼び出し

算術文字列結合代入比較、あたりは民でもなんとなくは想像できるかな?
算術では「四則計算」などの計算を、文字列結合では「文字列と文字列をつなげる」ことができるんだ。

代入は中学でやったのと一緒で「xを3を代入」と言ったように「式などに含まれる文字や変数を、数字や他の式で置き換える」ことができるよ。比較は算数の世界でちょっと触れたかもしれない「>(大なり)」「<(小なり)」などの「不等号」的なのを使って「比較」をし、その条件にあっているかあっていないかの判断をするよ。

これらの演算子について農スクではこれら一つ一つの種類を抜粋して説明していくよ。

今日はここまで!

変数(脱穀)

変数はプログラムにおいてすごく大事。むしろ一番大事な仕組みです。「あ、今日で地球滅んじゃう!俺にしか地球救えない!俺にしか救うことができない!でも今は変数に値を代入中だから無理  😀 」ってくらい大事。

てなわけで、当ブログ「農スク(略名)」ではしつこいくらいに変数で遊びます。もう遊びすぎてめんどくさくなって仕舞には飽きちゃって「もういいやJSかけなくてもいいや! 😛 」ってなるくらいにね!

変数とは?

さて、変数大事!大事変数!とか言っちゃってるけど結局変数ってなんなのよ!プンスカ!ってなっているそこの民!わかる。その気持ちすごくわかる。俺貴族だけどわかる。だから貴族説明しちゃう。

変数とは「数字や文字などのデータを(一時的に)記憶しておく為に、データに名前をつける仕組み」のことです。もうちょっと砕けた感じで言うと、脱穀のことです。嘘です

要するに、データに名前をつける仕組みだと思っていただいて今は差し支えないです。たとえば一回の出産で赤ちゃんを2000人生むウルトラママがいたとします。さすがにウルトラなママでも赤ちゃんに名前が無いと困っちゃう。俗に言う市役所が困っちゃうわけです。どう困るかは知らないけどまぁ困るんだと思います。そして変数の話とこの話は一切関係ございません!

実際に使ってみる

まずは簡単な感じで始めてみようね、そうね、自分の名前を「文字のデータ」として、それに my_name という名前をつけ(変数:my_name)、それを console.log で表示してみるってどうかしら。さっそくやってみるわよ

民たちの得意な Chrome の デベロッパーツール(農家でいう耕運機みたいなもん)を立ち上げ、Console タブを選択し、以下のコードを打ってみよう。(今回は2行あるよ!改行は Shift を押しながら enter [return] を押そう!)

var my_name;
my_name = "田吾作";
console.log(my_name);

myname

さいごに enter [return] を押すと、地獄の闇色で「田吾作」と表示されたと思います!すごい!できたね!できない民はもしかしたら;(セミコロン)を打ってないかもしれない。セミコロンは日本語で言う文末を意味するモノで文の最後に必要なものと思っておいてくださいな

var ってなんだよ var って

プログラムが動いて嬉しい反面、いきなり var とか出てきて死にたいとか思ったでしょ?わかる。わかるけどこのブログが原因で死なれちゃったら困る。田吾作困っちゃう。とわいっても恐れる事は無いよ。var は下唇を噛む感じで ヴァー♩とか言ってりゃいい。

この var は キーワードと呼ばれるものに分類されているけど、まーそこらへんの面倒な話来世にでもするとして、要するに「俺今から変数を定義する!俺変数作る!」と声高らかに宣言しているだけなのです。

つーことで変数は「var 変数名;」という構文で作るという事を覚えておいてください。繰り返すけど変数を 作る時にだけ var が必要だって思っておけばまぁ82点くらいは差し上げます。

=(イコール)?ん??

2行目には農民たちが良く知っている=(イコール)が思ってもいないカタチで出てきて、死にたいとか思ったでしょ?わかる。貴族分かる。分かるけどこのブログが原因で死なれちゃったら困る。貴族田吾作困っちゃう。とは言っても恐れる事は無いよ。

たしかに、農民たちは寺子屋で=(イコール)は「等価とか等号」とかって学んでいるはずで「右辺と左辺が等しい」という風に考えたはず。でもプログラムの世界で=(イコール)は「右辺の値を左辺に代入する」ことを表す「代入演算子」として分類されているんだね。やーいひっかかってやんの。

なので 「A = B」 は 「B を A に代入」するという事になるんだ。もうこれはこの村のオキテなのでオキテに従って、せっせと野良仕事をこなしていってください。

名前を “”(ダブルクォーテーション)で囲っている

文字(文字列)は “”(ダブルクォーテーション)で囲うのがこの村のオキテです。オキテを破ったコードがこれ。

var my_name;
my_name = 田吾作;

error

まぁこんな感じで、地獄の血しぶき色の文字で怒られます。ですのでオキテは守りましょう。

宿題

ちょっとのオキテはありましたが、これで変数のいっちばん簡単な使い方は覚える事が出来たのではないでしょうか?ということで、変数名はお任せするので自分の名前以外にもお友達のお名前も入れて表示してみましょう。

リア充ならば30人、非リアなら2人を目安にやってみてください。これがどうしても分からないって言う方は、大宇宙のチカラをかりて解決するのもアリっちゃアリ。なので困ったらご連絡ください。大宇宙もとい大宇宙教のすばらしさを余す事無くお伝えします

Hello 開墾! その2

さて、前回に引き続き「開墾」をしましょう。前回は水牛乾燥させた糞が「インド」や「チベット」では燃料として使われているってところをお勉強したと思います。場合によっては土で作るお家の材料になる場合も!なんて小咄も出ましたね

さて、今日はいよいよ開墾です。開墾をするためにも Chrome を立ち上げ、 Windows なら F12 ( Ctrl + Shift + i ) 、OS X なら command + option + i で、デベロッパーツール(農家でいうコンバインみたいなもん)を立ち上げましょう。

dev

コンバインを立ち上げたら、デベロッパーツールの「Console」をクリックします。するとあら不思議!不思議遊戯!こんな感じになるわけですね

console

ここまで来たらもうこっちのモン。準決勝みたいなもんですよ。準決。

ここにこんなコードを打ち込んでみましょう。打ち込んだら「コスモティックエナジーティック!」と 80デシベル くらいの音量で叫びながら enter キー(return キー)を押しましょう。

console.log("Hello開墾!");

するとこんな感じになると思います。

hello

黒い文字で「Hello開墾!」、灰色の文字で「undefined」と表示されていると思います。今は undefined は無視しましょう。今は「見(ケン)」に回りましょう。

注目したいのはこの漆黒の「Hello開墾!」の部分。これは console.log という「命令」に対する結果で、無事開墾が終わったという事です。

今後もこのサイトで使って行きますので、この console.log の事を覚えておいてください。さしあたり、こいつは「命令の結果を表示してくれるコ」とでも覚えておいてもまぁ差し支えないでしょう。

それと、大宇宙教に入信しましょう。

Hello 開墾! その1

さぁ!開墾!超開墾!ってね。Javascript を覚える為にも避けては通れない「Hello 開墾!」をやってみましょう。

プログラムを学ぶ時にまー大抵の場合は最初に「開墾」をします。農業と一緒だね!そういえば「開墾」といえば「畜力開墾」。畜力開墾といえば水牛。まー水牛で話を広げられる程ネタを持ってないので Wikipedia で調べてみた。

スイギュウのは、分布地で多くの人々が飲用や加工用に利用しており、脂肪分が8%程度と家畜の中で最も多く、ギーインドなどで料理に使われるバター状のもの)の主要な原料となる。鉄分ビタミン類、乳糖なども、一般に、ウシの乳よりも豊富に含まれている。

また、タンパク質も、チーズなどの伝統的な材料となっている。南イタリアカンパニア州サレルノカゼルタの周辺は水牛乳で作るフレッシュチーズ、モッツァレッラ・ディ・ブーファラ(Mozzarella di Bufala)の産地となっている。また、中国雲南省のフレッシュチーズルービン(乳餅)や板状に干したルーシャン(乳扇)にも用いられる。

中華人民共和国の南部では、水牛は重要な役畜であるが、水牛乳を大良牛乳牛乳プリン、ホワイトクリームなど、さまざまに加工して利用する順徳料理のような例もある。

スイギュウの(carabeef と呼ばれることもある)は地域によっては牛肉として流通しており、最も多くのスイギュウを飼育しているインドでは主要な輸出品目となっている。中国でも広東料理などでは、水牛の肉もよく利用してきたが、肉質が堅いのが難点であり、煮込み料理に適する。インドでは一般にヒンドゥー教では牛を神聖視すると言われているが、これは瘤牛のことであり、水牛は家畜として使役され、その肉も食肉として流通している。ヒンドゥー教においては水牛は悪魔マヒシャの化身のひとつであり、死者の王ヤマの乗り物とされているため、コブ牛との扱いに大差がある。インド国内での水牛肉の消費は主にイスラム教徒向けや日本人を含む外人向けレストランなどで多く消費されている。(森本達雄著 ヒンドゥー教 中公新書)

スイギュウのは強靭で利用しやすく、オートバイヘルメットに使われている。

は、印鑑三味線和包丁、置物などの角細工に使われる。また、角同様に酒器が作られることもある。日本刀の外装(拵)の各部の部材としても広く用いられた。

インドチベットなどでは乾燥させた燃料として使われている。土で作る家の材料とする例もある。

だそうです。なるほどねー。勉強になったね!

コードを書く前に

森羅万象なんでもそうなのですが、何かを始める時には何かと準備が必要です。準備さえきっちり出来ていれば、もう大体終わったようなものです。むしろコードを書く必要も無いかもしれません。

そういえば、コードといえば、家庭内のLANケーブルの管理って大変ですよね。まぁウチは大宇宙のチカラ「コスモティックエナジーティック」のおかげで「ケーブルとかの概念」とかはもう昔のお話。まったく困らなくなった。なぜなら大宇宙教に入信しているからです。入信さえしてしまえばそういったくだらないことから開放(解脱)することができるって「大宇宙川 利夫 大先生」が言ってたよ。妙に説得力あったなぁもぅ。やんなっちゃう

このことから、まずは Chrome を用意しましょう。

Chrome を手に入れたら、さっそく Windows なら F12 ( Ctrl + Shift + i ) 、OS X なら command + option + i で、デベロッパーツール(農家で言うところのトラクターみたいなもん)を立ち上げてみましょう。この画像のようにブラウザの下部に鬼畜米兵がよく使うような文字がいっぱいつまったウィンドウが出てきたかな?

cap

 

こいつがすげー便利。あのサイト、このサイト、あのJS、このJSがこいつで素っ裸。しかも Chrome にデフォルトで、そうデフォルトで(…デフォルトでねそうデフォ)でついている機能なんですよ。

てことで、はじめはこのツールの使い方を学んでいこうじゃありませんか。

まずは入信

js は大宇宙教の教えの一つから派生したもので、概念的には大宇宙そのものです。

ですから、まずは大宇宙教へ入信すれば全て問題ないです。きっとおそらく絶対なんとなく js を書けるようになるでしょう。

また、入信には宇宙壷が必要です。宇宙壷は通常300万円しますが、このサイト経由でなんと100万円で入手することができます。「胡散臭いなー」とお思いの方はまずセミナーへ参加してみてはいかがでしょうか。

詳しいことは言えませんが、宇宙壷には「暗黒宇宙」からふりそそいでいる「暗黒紫外線」からも身を守ってくれますね。それともう眠いので寝ますね

 

はじめに

農民こんにちは!こんにちは農民!貴族の田吾作です。

農民が js をどうにか覚えたくなっちゃったときのためにこのサイトを創りました。

ですので農民でない方は xvideos とか TechWave でもみて寝ましょう。