Hello 開墾! その1

さぁ!開墾!超開墾!ってね。Javascript を覚える為にも避けては通れない「Hello 開墾!」をやってみましょう。

プログラムを学ぶ時にまー大抵の場合は最初に「開墾」をします。農業と一緒だね!そういえば「開墾」といえば「畜力開墾」。畜力開墾といえば水牛。まー水牛で話を広げられる程ネタを持ってないので Wikipedia で調べてみた。

スイギュウのは、分布地で多くの人々が飲用や加工用に利用しており、脂肪分が8%程度と家畜の中で最も多く、ギーインドなどで料理に使われるバター状のもの)の主要な原料となる。鉄分ビタミン類、乳糖なども、一般に、ウシの乳よりも豊富に含まれている。

また、タンパク質も、チーズなどの伝統的な材料となっている。南イタリアカンパニア州サレルノカゼルタの周辺は水牛乳で作るフレッシュチーズ、モッツァレッラ・ディ・ブーファラ(Mozzarella di Bufala)の産地となっている。また、中国雲南省のフレッシュチーズルービン(乳餅)や板状に干したルーシャン(乳扇)にも用いられる。

中華人民共和国の南部では、水牛は重要な役畜であるが、水牛乳を大良牛乳牛乳プリン、ホワイトクリームなど、さまざまに加工して利用する順徳料理のような例もある。

スイギュウの(carabeef と呼ばれることもある)は地域によっては牛肉として流通しており、最も多くのスイギュウを飼育しているインドでは主要な輸出品目となっている。中国でも広東料理などでは、水牛の肉もよく利用してきたが、肉質が堅いのが難点であり、煮込み料理に適する。インドでは一般にヒンドゥー教では牛を神聖視すると言われているが、これは瘤牛のことであり、水牛は家畜として使役され、その肉も食肉として流通している。ヒンドゥー教においては水牛は悪魔マヒシャの化身のひとつであり、死者の王ヤマの乗り物とされているため、コブ牛との扱いに大差がある。インド国内での水牛肉の消費は主にイスラム教徒向けや日本人を含む外人向けレストランなどで多く消費されている。(森本達雄著 ヒンドゥー教 中公新書)

スイギュウのは強靭で利用しやすく、オートバイヘルメットに使われている。

は、印鑑三味線和包丁、置物などの角細工に使われる。また、角同様に酒器が作られることもある。日本刀の外装(拵)の各部の部材としても広く用いられた。

インドチベットなどでは乾燥させた燃料として使われている。土で作る家の材料とする例もある。

だそうです。なるほどねー。勉強になったね!

Hello 開墾! その1」への3件のフィードバック

    1. admin

      > 東京都のみこみこさん
      こんにちは、お便りありがとう!うん、なかなか鋭い視点だね!
      js がどうとか、水牛がどうとか、そんなのはこの際一回抜きに考えてみよう。
       
      そう、無になるんだ。
      宇宙を感じるんだ。宇宙からのエネルギー「コスモティックエナジーティック」を感じる事から初めてみよう

      返信
  1. ピンバック: Hello 開墾! その2 | 農民でもわかるJavascript

みこみこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>